HOME >マニフェスト

マニフェストとは

写真 産業廃棄物は、排出事業者が自らの責任で適正に処理することになっており、他人に委託する場合には、産業廃棄物の名称、運搬業者名、処分業者名、取 扱い上の注意事項などを記載したマニフェスト(産業廃棄物管理票)を交付して、処理終了後に受託者からその旨を記載した管理票の写しの送付を受けることに より、委託契約どおりに産業廃棄物が処理されたことを確認し、適正な処理を確保する制度です。

マニフェスト制度

マ ニフェスト制度は、平成2年より厚生省(現環境省)の行政指導により始まり、平成5年4月から産業廃棄物のうち、爆発性、毒性、感染性、その他の人の健康 や生活環境に被害を生じるおそれのある特別管理産業廃棄物の処理を他人に委託する場合に、マニフェストの使用が義務付けられました。 平成10年12からは、すべての産業廃棄物にマニフェスト制度が義務付けられ、従来の複写式伝票(紙マニフェスト)に加えて、電子情報を活用する電子マニ フェスト制度が導入されました。 これにより排出事業者は、(特別管理)産業廃棄物の処理を他人に委託する場合、紙マニフェスト又は電子マニフェストを使用することになりました。 さらに、平成13年4月には排出事業者に最終処分場までの処理が適正に行われるために必要な措置を講ずるよう努める義務が加わるなど、廃棄物の排出事業者処理責任が強化された。これに伴いマニフェスト制度が見直され、紙マニフェストは6枚綴りから7枚綴りになりました。 (法第12条の3第4項及び施行規則第8条の25の2)


 

 

▲ページトップに戻る