HOME >産業廃棄物について

産業廃棄物について

 廃棄物とは、自分で利用したり他人に有償で売却できないために不要となった固形状または液状のものをいい、廃棄物は、大きく一般廃棄物と産業廃棄物に分類されます。
一般廃棄物は、一般的な生活活動から発生した廃棄物です。一般廃棄物は基本的には市町村に処理責任があります。
 産業廃棄物とは、事業活動に伴って発生した廃棄物です。産業廃棄物は、それを発生させた事業者に処理責任があります。

廃棄物の分類と定義

一般廃棄物と産業廃棄物の両方に特別管理廃棄物が存在します。


 また、廃棄物の中には、毒性、爆発性を有するものなど、取り扱いに厳重な注意を払うべき性質のものもあります。このように特別に高いレベルの管理が必要な廃棄物のことを特別管理廃棄物といいます。 一般廃棄物と産業廃棄物の両方に特別管理廃棄物が存在します。

廃棄物の区分

産業廃棄物ってどんなもの?

 たとえば、住宅の解体工事を行った結果、工事現場から発生したもう使われない木材、ガラスなどは、解体工事という事業で発生した廃棄物なので、産業 廃棄物になります。われわれが毎日生活している家が、ある瞬間から産業廃棄物に早変わりしてしまうわけです。当然、この場合、解体工事に伴って発生しただ けですので、有害でも、有毒でもありませんが、産業廃棄物になります。

産業廃棄物の種類について知る

▲ページトップに戻る